読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【必見】クリアネオを一週間使ってみた

f:id:m0san10090106:20170312173359j:plain

ここでは私がお勧めするクリアネオを7日間使ってみた感想、体験をご紹介します。

私は25歳の女性です。ワキガの臭いに気付いたのは10代後半の頃でしょうか。仲のいい友人から少しワキガの臭いがすると言われて、やっぱり自分はワキガなんだなって思いました。

ただ、指摘される前から家族にワキガがいたのでもしかして自分もそうじゃないかと薄々気づいていた感じです。

やっぱりワキガだとまわりに嫌われるんじゃないかとビクビクしてしまいます。好きな人とデートしている時も臭いに気付かれてしまったらどうしようかと・・・。

それから色々なデオドラントスプレーを使い始め、CMでもよく見かける商品はほとんどすべて使いましたが、効果は一時的でワキガの臭いをごまかしているような感じを受けました。

それで今度はクリアネオを使い始めました。クリアネオは評価が良く使い始めたのがきっかけで、確かに今まで使ったどのデオドラントより臭いは気にならなくなりました。

ワキガ(腋臭)とは?

体験談の紹介の前に、まずはワキガ(腋臭)とは何なのかを知りることが大切です。

体からにおいをまったく発しない人はいません。すべての人が、「体臭」と呼ばれるにおいを日々体から発しているとされています。

その中で限られた人だけが主に脇から発する特殊なにおいがあり、そのにおいがワキガ(腋臭)と呼ばれています。

脇には、2種類の汗腺「アポクリン腺」「エクリン腺」と「皮脂腺」の3つがあり、その分泌物(汗とその他の成分)が、常在菌によって分解される際、発生するにおいがワキガ(腋臭)とされているにおいです。
ワキガ 対策

アポクリン腺が多いほど、汗の量も増え、ワキガ(腋臭)のにおいの強さもそれに比例すると言われています。

ワキガ(腋臭)の主な原因はアポクリン腺量の遺伝と考えられており、そこに生活習慣(食事や運動量、ストレス、睡眠時間など)が加わることによって、においのレベルが変化していくと言われています。

ワキガ(腋臭)のにおいは一般的に、硫黄、古い雑巾、古い洗濯バサミ、カレーのスパイス、鉛筆……などに例えられます。

クリアネオは10秒で効果があるというのはウソ?!

 

f:id:m0san10090106:20170312173548j:plain 

 

私がクリアネオを購入する時に、セールスページにデカデカと書かれた「10秒」というキーワード。果たして本当に10秒で効果があるのでしょうか?

 

実際に確認しようにも、自分の臭いに慣れてしまっているので本当に臭いが消えているかどうかの判断はいつも難しいんです。

 

とはいえ、いつもなら脇の下に鼻を近づけるとより強烈な臭いがするので、今回もその方法で消臭効果を判断することに。

 

実際、クリアネオを1プッシュして特に臭いの強い左脇にまず塗り込みます。

 

 

f:id:m0san10090106:20170312172717j:plain

 

さて、その消臭効果の即効性は・・・どうなのか?

 

むむむ?

 

良く分からない・・・。

 

クリアネオ自体は無香料なので変な臭いはしません。

 

ただ、塗った瞬間と言うのはまだ残り香があるのか多少の臭いがしている気がする。

 

「な~んだ、クリアネオって効果ないんじゃん!!怒」

 

こんな感情が出始めて、やっぱりネットの口コミはウソなんだろう思って、ふともう一度臭いを確認してみたんです・・・。

 

すると・・・ 

 

「くんくん・・・。あれ?臭い・・・しない?」

 

どこかで、消臭系のクリームは乾燥するのと同時に臭いが消えるというのを聞いたことがあります。

 

それと同じ現象なのでしょうか?

 

脇の下が乾いたころには臭いが消えていました。
ほぼ無臭だったんですから驚きました。

 

10秒かと言われると、そんなにすぐではなかったと思いますが、クリームがしっかり馴染むまで、だいたい1分もあれば臭いが消えていたように思います。

 

【衝撃】クリアネオを使い始めて7日目の驚くべき変化

 

f:id:m0san10090106:20170312172851j:plain

 

使い始めて7日目、その日は仕事が休みだったので、実はクリアネオを付けずにろくな臭いケアをせず放置していました。

 

今までも仕事が休みの日は、「もったいないから」という理由でデオドラントを付けないクセがありました。

 

本当は毎日つけた方が良いらいしいですけど・・。

 

そこで事件は発生しました。

 

その日も、いつも通りデオドラントクリームを付けずにいた私の脇の下から、本来発生してくる強烈なわきが臭が、その日は夜になっても出てきません。

 

ふと気づいて脇の下の臭いを嗅いでみると、確かに臭いがしますが、いつもより明らかに臭いが少ないんです。

 

これには正直驚きました。使い続けることで臭いがしづらい皮膚環境になったのでしょうか?これは思わぬ嬉しい誤算でした。

 

しばらく使い続けようと心に誓った瞬間でした。

 

そして、もう1つ特に変化を感じたのは「絶対的な汗の量」が少なくなったという点。

 

クリアネオには『パラフェノールスルホン酸亜鉛という強い制汗作用を持つ成分が入っています。

 

この有効成分のおかげで脇汗をしっかり抑えてくれるので、気になる脇汗臭・わきが臭がしなくなるというわけです。

 

>>>クリアネオの詳細を確認する 

まとめ

 

 私はクリアネオを使い始めて、本当に毎日の生活が変わりました。

 

朝起きて外出する前に簡単にケアするだけで、一日中ニオイが消えるので、安心して過ごせます。  

 

会社はもちろん、満員電車でもエレベーターの中でも、自分の臭いを気にすることがないのは本当に快適です。  

 

もし、あなたも臭いの悩みがない生活を手に入れられたら、あなたの生活はどう変わりますか?  

 

あなたにも、悩みのない生活を手に入れてもらいたいと思います。

 

【必見】看護師の転職先 病院選びのコツ

看護師病院選びのコツ

看護師の転職で重要な病院選び。自分のライフスタイルに合った病院に勤務するのが一番理想ですが、 どのように自分に合う病院を探していけばよいのでしょうか。病院選びで重要なポイントを見ていきましょう。

病院選びにまず考えるべきこと

転職で失敗しないコツは、給与額にばかりにとらわれず、職場の人間関係や福利厚生にもしっかり目を向けることです。つまり、「働きやすさ」という視点を持つことが大事です。

特に女性の看護師ですと、結婚や出産、育児などのイベントや、親の介護などが仕事に影響してきますので、育児休暇や介護休暇、有給休暇がきちんと取れるかどうかなどを確認した上で転職することをおすすめします。

最近は看護師求人サイトがたくさんありますので、転職先を探すのはそれほど難しくないと思います。求人サイトは24時間いつでも利用できますので、仕事が忙しくてハローワークなどに直接足を運べない人でも気軽に求人を見つけることができます。

新人看護師が転職する場合も自分に合った働きやすい病院はどんな所かよく考えてみましょう。

病院選びで重要な看護師の人数と病院の規模

病院選びをする際には、規模やそこで働いている看護師の人数なども大切な点です。

大病院に勤務していればいろいろなスキルを学ぶことができると思っている人もいるかもしれませんが、入院患者が多いと夜勤続きで身体を壊してしまう可能性もありますので注意が必要です。

逆に小規模のクリニックで入院施設がなければもちろん夜勤もありませんので、日勤だけで済むというメリットがあります。

また、小規模クリニックであれば患者とのコミュニケーションもより充実したものになり、アットホームな雰囲気の中で楽しく満足度の高い仕事をすることができます。

何か特定の分野でスキルと知識を極めたいというのであれば、その分野で評判の高い病院に的を絞ってみるのもよい選び方だと思います。

病院選びでチェックする意外なポイント

出産や育児などでブランクのある人にもおすすめなのは独身看護師と既婚看護師のバランスが取れている職場です。

子育て中は、どうしても学校行事などで休むことも多くなるので理解がある既婚者がいるところがおすすめです。

ただし、既婚者ばかりだと休みの希望が重なってしまうので、独身看護師が一定数在籍しているバランスが良いところを探しましょう。

また人間関係が良い病院で伸び伸びと働きたいという人は看護師の定着率に注目して病院を選ぶことをお勧めします。でもそういったことは求人内容には載っていませんよね。そこで利用したいのが看護師転職サイトです。

看護師転職サイトでは求人紹介だけでなく、給与の実態や残業・休日出勤の状況や離職状況やその理由など、病院にとって不利益な内部事情も詳しく教えてくれるところもあり、病院選びの貴重な情報源になります。

給与アップ交渉や条件交渉、入職時期の調整も行ってくれますよ。

 

4月入職希望の方は早めの登録がおすすめ

人気がある求人や急な欠員は公開されずに募集が終了してしまいます。

今の時期は特に非公開求人として紹介される求人が増えています。

紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

全国対応

看護のお仕事

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価されコンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

 

【必見】子育て中におすすめの看護師転職サイトはココ!

7-A

働くママナースが子育てと両立しやすい求人を見つける方法

子供がいると働ける時間に制限があったり、夜勤をすることに抵抗があったりと悩みは尽きません。お子さんとの時間を少しでも増やすために、柔軟に対応してくれる転職先を探している人も多いでしょう。仕事はこれからもずっと続けていきたいけれど、いまは家事や育児を優先したい!そんな子育て中の方にお勧めの看護師転職サイトは『看護のお仕事』です。

『看護のお仕事』は、母として女性として、バランスよく仕事を続けていける職場を提案してくれます。託児所がある病院はもちろん、勤務時間や勤務日の交渉もおまかせです。『看護のお仕事』が紹介する求人なら、残業がなく人間関係も良好な職場でストレスなく働くことも可能です。

ひとりで子供を育てているなど子育てと仕事の両立の悩んでいる方や、今後結婚や出産を控えていて、結婚や出産後の仕事をどうしようかと悩んでいる場合も、豊富なサポート実績をもとにアドバイスが受けられるので安心です。

 

取扱い求人数12万件以上の看護のお仕事

全国対応

看護のお仕事

転職が成功すれば転職祝い金12万円が支給されます。希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれる サポート力と我慢強い交渉力が評価され『サービス満足度NO.1』『コンサルタントの対応満足度NO.1』『友達に進めたいNO.1』に選ばれました。職場の悩みや今後の働き方の相談にも乗ってくれるので転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

【必見】第二新卒の看護師の復職のポイント

看護師第二新卒

新卒で病院に就職したものの、ワケあって3年以内に辞めてしまった第二新卒の人や、既卒で就職先の病院を探しているという立ち位置にいる人は、採用の面接において少々苦労するようです。やはり、病院側は離職原因、ブランクや実務経験の有無などについて知りたいと思うのが一般的だからです。

新人看護師・第二新卒既卒の看護師の転職活動の悩みを解消するヒントをご紹介いたします。

新卒3年以内に離職してしまった新人看護師の転職活動の現状

「職場の人間関係が悪かった」「仕事内容が自分に合っていなかった」「結婚や妊娠をきっかけに」などの理由で、新卒看護師として就職したもののすぐに辞めてしまったという人は多く、全体的な看護師の離職率も年々高くなっています。

新卒3年以内に辞めてしまった人は第二新卒と呼ばれ、転職活動の際には、新卒でないというだけで門前払いされてしまうのではないか、前回の職場を辞めた原因について突っ込まれるのではないかという不安から、なかなか転職活動が進まないという悩みを抱えています。

採用する病院側としても、就職して長く続かなかった新人看護師の採用に関しては、新卒の看護師に比べて冷遇される傾向にあります。

新卒として就職後1、2年で辞めてしまったため経験が少なく、スキル的には新人看護師と同じ程度であるということも、第二新卒の転職のネックになっているようです。

看護師第二新卒志望動機

第二新卒歓迎の看護師求人の探し方とは

新人看護師であるため、経験やスキルに自信がないという人でも、教育制度、研修制度の充実した病院なら安心して転職できます。 「前の職場をすぐに辞めてしまって、ブランクがあるけれど、チャンスがあるならまた看護師として転職して頑張りたい」と考えている人をきちんとサポートしてくれる病院も多くあるのです。 そういったブランクありの看護師を受け入れている求人をしっかり見つけることがポイントになります。

新人看護師・第二新卒既卒の方が求人を探す際に見るポイントとしては、まずは既卒者歓迎、第二新卒歓迎、ブランク歓迎という記載のある募集を中心に集めましょう。 また、一度離職を経験して、次に働く希望の看護分野が決まっている場合には、希望の分野で働ける求人かどうかもチェックして、かつ教育体制の整った病院かどうかも見極める必要があります。

臨床経験がほとんどない場合、急性期病院ではなくクリニックや有料老人ホーム、での転職を考えている方がいるかと思いますが、今後のキャリアを考えている方は、早い段階で一から臨床で働きながらスキルを身に着けたほうが良いでしょう。派遣での勤務に関しては、病院側としては即戦力として募集をかけているので避けたほうが無難です。 仕事と育児を両立させなければならない場合は、サポート体制があるか保育所はあるか等必ず確認をしましょう。

また、転職理由として多いのが人間関係でのトラブルですが、中にはインターンシップができる施設もあるので、一度気になる転職先で実際に働いてみて、施設の雰囲気や環境、また人間関係を確認して決めるのも一つの手です。

とは言っても自分に合った求人を見つけ転職を成功させるのは容易なことではありません。

第二新卒が看護師転職サポートを利用した方がイイ理由

自分でいざ求人を探そうとしても、研修や教育体制、新人看護師のサポート体制が実際に整っていて採用を積極的にしてくれる病院、かつ自分のやりたい仕事ができて、前の職場での悩みを解決してくれて・・・と自分に合う求人を見つけ出すのだけでも一苦労です。

また、理由は何であれ、「すぐに辞めてしまったのに現場に戻れるはずがない」と精神的にかなり負担がかかっている人もいるでしょう。

その中で第二新卒既卒などの新人看護師が転職活動をするのはかなりエネルギーのいることです。

さらに、前回の職場で、人間関係がよくなかった、教育制度が充実していなかったなどの悩みがあった場合は、スムーズに採用してもらえたとしても離職の原因になったことが解決されなければ、結局新しい職場でも仕事を続けることができず離職することになってしまいます。これでは意味がないですよね。

だからこそ、看護師転職サポートのプロに相談することが最善の道なのです。

第二新卒の看護師転職の志望動機

第二新卒の看護師の志望動機ですが、臨床経験が少ないとしても、これから積極的に知識や技術を身に着けていきたいという強い意欲が伝われば問題ありません。ただし、「勉強がしたいから」や「教えてほしい」などの理由だけでは合格は難しいでしょう。 また、「なぜ他の病院ではなく、この病院で働きたいのか」、「なぜこの科目を希望しているのか」を具体的に伝えることが重要です。

こういった志望動機の内容は素人だけではなかなか考えるのは大変だと思います。 看護師転職サイトに登録しておけば、転職のプロが受かる志望動機の書き方を教えてくれます。

また、志望動機だけではなく、コンサルタントがひとりひとりの希望やスキルに合った最適な求人を探してくれます。一人で転職活動を進めるのに比べて、成功する可能性がぐんと上がるはずです。コンサルタントは求人を探してくれるだけでなく、丁寧なカウンセリング、働き方や転職活動中の悩み、面接のやり方、転職情報などの相談にも乗ってくれるので安心して進めることができます。

 

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

全国対応

看護のお仕事

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価されコンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

【必見】ブランクありでも復職!ブランク看護師の求人選び4つのポイント

看護師 復職 ブランク

「看護師として復職したいけれど、ブランクが心配でなかなか踏み切れない…」そんな悩みを持つブランク看護師の方が、スムーズに復職するためのコツを詳しく紹介していきます。

1.ブランク看護師の復職の不安を解消するには?

まずは、ブランクがあることで生まれる不安を明らかにしてみましょう。主に以下を挙げる方が多いのではないでしょうか。

  • 現在の医療技術や制度についていけるか?
  • 子育てや家事と両立できるか?
  • きちんと自分をフォローしてくれる体制が整っているか?

どれも、ブランクがある看護師にとっては切実な問題です。

しかし、安心してください。結論から言いますと、これらの不安ははすべて解決できます。ひとつずつ説明しましょう。

現在の医療技術や制度についていけるか?

確かに、現代の医療技術はあっという間に進歩します、さらに、医療に関する制度も医療を取り巻く情勢によって変化します。

ただ、これは慣れることができると断言します。

技術の進化は「使用者が簡単に扱うことができる」という変化もともなうものです。

昔苦労していた手技が今ではラクに確実に行えるようになっているケースも多いでしょう。

そして何より、かつて看護師として働いていた経験があるなら、はじめは戸惑っても、1、2ヶ月もすれば感覚を取り戻し、スムーズに業務ができるようになるでしょう。

子育てや家事と両立できるか?

こちらも、復職する看護師が抱える悩みの代表格ですね。

ただでさえ看護師の仕事はハードで、職場によっては時間も不規則で…と考えると、難しく感じるかもしれません。

しかし、逆転の発想で家庭との両立ができる職場を選ぶという考え方に切り替えてください。

探し方については後述しますが、「子育てがしやすい職場」を基準に探せば、必ず見つかります。

きちんとフォローしてくれる体制が整っているか?

看護師不足はいまだに深刻な問題です。

それを解決すべく、医療機関側としてはブランク明けの看護師に安心して復職してもらうため様々な取り組みを行っています。

手技や制度を学べる研修をはじめ、先輩看護師が指導してくれるプリセプター制度などが代表的なものです。

また、夜勤の時に一人にならないよう配慮されているなど、勤務体制がしっかり考慮されている病院が増えています。

ただし、すべての医療機関でこれらの体制が整っているわけではありません。

求職活動の際にフォロー体制について見極める必要があります。

以上、復職の不安解決について説明しましたが、いかがでしたか?

様々な不安があるのはもっともですが、「なんとかなる!」という気持ちで本格的に復職を考えてみては?

しかし、やみくもに仕事を探し、なんとなく復職したのでは絶対に失敗してしまうでしょう。

以下で挙げるポイントに注目してください。

2.ブランク看護師が復職先を選ぶ4つのポイント

ブランクのある看護師がスムーズな復職を実現させるには、4つのポイントを押さえる必要があります。

順に紹介していきます。

1.「ブランク看護師」を受け入れる職場を探す

まず大事なのは、「ブランクのある看護師を教育する体制」が整っている職場を探すことです。

なかには「新人に教える余裕はない!」というスタンスの職場もありますから、事前に研修の有無などを調べましょう。

受け入れ態勢がしっかりしている医療機関は、復職支援研修を行ったり、プリセプターがしっかり付いたりと手厚いフォローを行っています。

これらの体制が整っているか事前に調べることは、ブランク看護師がスムーズに復職するためにとても大事です。

また、そういう職場であればブランクから復職した先輩が多いはずです。

復職するときの不安をわかってくれるでしょうから、そういった意味でも心強いといえるでしょう。

2.子育てに理解がある職場か見極める

子育てをしながら働くというのは想像以上に大変なものです。

子供が急に熱を出したり、保育園や学校のイベントでどうしても休まなくてはならなかったり…。

そんな時、気軽に休みを取れる職場を選ぶのは重要なこと。

子育てに理解がない職場だと、休みを取るたびに周囲の目が厳しくなり、居心地が悪くなってすぐに辞めてしまった、という例もあります。

そうならないためのコツは「ママ看護師が多い職場」を選ぶこと。すでにそういった先輩がいるのなら、職員全体が子育ての大変さについて理解している可能性が高く、「子育て中の職員をフォローしよう!」というムードがすでにできあがっていることが多いのです。

3.ゆったりと働ける職場を選ぶ

研修などで手技を学べるとは言っても、やはりブランクを埋められるか不安がありますよね。

そういう方は、比較的看護技術を使わずにすむ職場に復職する、という選択肢もあります。

たとえば慢性期病棟や特別養護老人ホームなどです。

 

また、療養型病院と急性期病院があるケアミックスの病院もおすすめです。

 

ブランク明けは療養型で働き、慣れてきたら急性期に異動させてもらうこともできます。

 

また、元々「忙しく働きたくない」というスタンスを持っていたり、家庭の事情でバリバリ働くのが困難という方にとっても、こういった職場を選ぶことは意味のあることです。

4.看護師専門の求人サイトを利用する

ブランク明けで仕事を探すポイントを紹介してきましたが、実は、これらは簡単なことではありません。自分ひとりの力で職場を見極めるには限界があるのです。

そこで活用したいのが、看護師転職サイトに登録し、コンサルタントを味方につけること。

数えきれないほどのブランク看護師を復職へと導いた経験がありますから、ブランク看護師の不安もすべて理解しています。

 

じっくり相談にも乗ってくれますし、忙しいあなたに代わって要望通りの求人を紹介してくれるでしょう。

詳しくは「6.スムーズに復職するには転職コンサルタントを活用する!」で解説します。

3.離職中の経験だって活かせる

離職によるブランクは、看護師にとってデメリットでしかない、という考えを持つ方が多いと思います。

しかし、それは誤りです。

出産や育児で離職していた場合、それはかけがえのない経験となるのです。

 

妊娠時の苦労、それを経て出産した時の母としての喜び、そして子どもを思う母の気持ちなどを心から理解しているからです。

だからこそ、同じ境遇の患者さんの家族背景やこまやかな心の動きに気を配ることができるようになるのです。

それは新卒や若手の看護師では絶対に真似できない貴重な感覚ですし、看護師としてとても大きな武器であると言えます。

貴重な経験を積んだわけですから、それを生かし自信をもって現場に復帰してください。

4.ブランクがある看護師が復職するのにおすすめの働き方は?

育児をしながら仕事をしたいのであれば、様々な求人情報をチェックし、パート勤務か常勤かなど、どのような働き方をしたいのか見定める必要があります。

例えば、クリニックは総合病院とは違い、働いている他のスタッフも家庭を持っていることが多く家庭の事情で休むことにも理解を示してもらいやすいと言えます。

妊娠・出産を経験し、子供を育てている中で看護師への復職を考えている方は、看護師と育児の両立ができるのか転職先の実際の現場の雰囲気などの情報を得ることで復帰後の働きやすさに繋がることでしょう。

5.ブランク看護師が復職するには何を勉強するべき??

医療分野は日々技術が進んでいくものですから、それに従事する看護師も新しい知識や技術を取得するためには勉強が必要です。

また、以前は問題なく行えていた採血などの基本的な看護師としての仕事にもブランクがあることで不安に思うこともあるでしょう。

そんな時には、各自治体や病院で開催されている再就職を希望する看護師を対象にした、復職支援研修制度などが開催されていますので積極的に利用してみるのもおすすめです。

復職支援セミナーなどの使用して、ブランクがあることで失われた勘を取り戻し、現場から離れている間に進んでいった看護技術や知識について勉強しなおして看護師の仕事の自信を取り戻しましょう。

6.ブランクナースがスムーズに復職するには転職コンサルタントを活用する!

ブランクのある看護師がスムーズに復職するにはいくつかのポイントがある、と説明しました。

受け入れ態勢のある職場を探すこと、子育てに理解のある職場を探すこと、などですが、本当にそれらをクリアする職場を探すには看護師転職サイトのコンサルタントの力が不可欠です。

なぜなら、求人情報だけでそれらを見極めることは不可能だからです。

特に、子育てに理解があるかどうかは結局職場にいるスタッフの「人間性」によるところが大きいです。

それらは、その職場に足を運んでいる転職コンサルタントに聞くしかありません。

また、復職支援体制が整っていると言っても、テキストを渡されて終わり、というケースもあるかもしれません。

それらを考えると、やはり内情を把握しているコンサルタントの力は不可欠といえるでしょう。

7.ブランクがある方にオススメの看護師求人サイト

『看護のお仕事』では、教育制度も充実し、復職を目指す看護師にピッタリの求人をたくさん紹介しています。

『看護のお仕事』は対応が丁寧で、今後の働き方の相談もできるので、看護師求人サイトを利用するのが初めてという方でも安心です。

 

手技に不安がある看護師に関しては研修制度が充実している職場を紹介するなど、コンサルタントならではの手厚いカバーも魅力です。

あなたがもう一度、看護師として活躍するため、最高のサポートをしてくれるでしょう。

取扱い求人数10万件以上の『看護のお仕事』

看護のお仕事

希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれるサポート力と我慢強い交渉力が魅力です。託児所がある求人や勤務時間や夜勤回数を相談したいという希望にも丁寧に対応してくれます。

今後の働き方やステップアップしていく方法など何でも相談にも乗ってくれます。ブランクが長く復職が不安な方や転職サイトの利用が初めての方におすすめです。

 

事前に転職先の詳しい情報も教えてくれるので安心です。

転職が成功すれば転職支援金最大12万円が支給されます。

 

 

【必見】もう人間関係で悩まない!本当に人間関係がいい求人を探す方法

1-A

「人間関係の悩み」は看護師の職場の宿命のようなもの。求人内容やホームページをしっかりチェックしても、人間関係まではなかなか把握しにくいのが現実です。

「求人内容では雰囲気がよさそうだったのに…」「ホームページではみんなニコニコしていたのに…」では、転職先の職場の人間関係を知るにはいったいどのようにしたらよいのでしょうか?

この記事の目次

  • 転職先の病院の人間関係が悪ければ転職した意味がない
  • 転職する前に転職先の人間関係を知る方法
  • 詳しい人間関係がわかる5つの理由
  • 人間関係がいい職場を紹介してくれる看護師転職サイト

転職先の病院の人間関係が悪ければ転職した意味がない!

求人内容には「チームワークが自慢の職場です!」「やさしい先輩たちが丁寧に指導します!」「アットホームな職場です!」などの魅力的なフレーズが並びます。そして、優しそうに笑顔を作る先輩たちの姿。当然「これなら私も楽しく働けそう!」と思いますよね。

しかし、本当に働きやすく、人間関係が良好な職場なのかを見抜くことはとても難しいのです。病院・企業側が、「人間関係が悪く、雰囲気が悪いです」「人間関係が問題で人がよく辞めています」と正直に教えるわけがないからです。

そのため、人間関係が原因で転職したのに、新しい職場もっとひどい人間関係で悩むことになった、というケースが後を絶ちません。

人間関係が悪い

つまり、転職を成功させるには「職場の人間関係」をしっかりと把握する必要があるのです。とは言っても、病院・企業側に人間関係の良し悪しについて質問するのも気が引けるでしょう。そもそも正直に答えてくれるとも思えません。

では、転職前に職場の人間関係について知るにはどうしたらいいのでしょう?

転職する前に転職先の人間関係を知る方法

実は、入職前に人間関係が良好な病院(企業)かどうかを簡単に知る方法があります。

それは病院の内部事情に詳しい看護師転職サイトのコンサルタントに聞くという方法です。看護師求人サイトの中には求人を紹介する際に、病院(企業)の職場環境や人間関係など、普段は知ることができない内部事情を詳しく教えてくれるところがあるのです。

こんな質問にも答えてくれます
  • 職場の人はホントに仲がいいの?
  • 職場の雰囲気はどんな感じ?
  • 新入りが無視されたりしないの?
  • 派閥争いはありませんか?
  • 毎年何人が入職するの?
  • 入ってすぐやめる人はどれくらいいる?
  • 職場の平均年齢や経験年数は?
  • 看護部長や病棟師長の人柄や方針は?

看護師転職サイトのコンサルタントが提供してくれる情報の中には、病院にとっては不利益な情報もありますが、隠さずすべて情報提供してくれます。

本来なら働いてみないとわからない病院(企業)の様子が事前に手に取るようにわかれば、転職して人間関係で悩むことも転職したことを後悔することもなくなりますね!

詳しい人間関係がわかる5つの理由

では、なぜ転職サイトのコンサルタントが病院・企業の人間関係や雰囲気まで知っているのでしょうか。それには以下の理由があるのです。

  • たくさんの看護師の転職をサポートしている
  • 転職を希望する人が多い病院がわかる
  • 人間関係を理由に転職する人が多い病院がわかる
  • 転職した看護師から新しい職場の様子を聞いている
  • 病院に足を運び病院の様子を知っている

看護師求人サイトのコンサルタントは、今までにたくさんの看護師さんたちの転職をサポートしています。転職先の様子は求人を紹介した看護師さんから聞いていますし、転職を希望する人が多い病院も、今までに担当した看護師さんから聞いています。

その上、何度も病院に足を運び、人間関係や職場のムードなどを肌で感じているのです。ただし、この情報は一般には公表されません。看護師転職サイトを利用している人だけがこっそり教えてもらうことができるのです。

人間関係がいい職場を紹介してくれる看護師転職サイト

『看護のお仕事』は、コンサルタントが待遇の条件交渉を行うなど悩みや不安に丁寧な対応が評判です。

職場の人間関係で悩みたくない人は、是非利用してください。転職サイトに登録すれば詳しい病院情報をたくさん集めることができるので、転職前にしっかり求人を確認して転職先を選ぶことができます。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

全国対応

看護のお仕事

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

【必見】子育てと仕事を両立させるポイント

f:id:m0san10090106:20170121225521j:plain

1.ブランク看護師の復職の不安を解消するには?

まずは、ブランクがあることで生まれる不安を明らかにしてみましょう。主に以下を挙げる方が多いのではないでしょうか。

  • 現在の医療技術や制度についていけるか?
  • 子育てや家事と両立できるか?
  • きちんと自分をフォローしてくれる体制が整っているか?

どれも、ブランクがある看護師にとっては切実な問題です。

しかし、安心してください。結論から言いますと、これらの不安ははすべて解決できます。ひとつずつ説明しましょう。

現在の医療技術や制度についていけるか?

確かに、現代の医療技術はあっという間に進歩します、さらに、医療に関する制度も医療を取り巻く情勢によって変化します。

ただ、これは慣れることができると断言します。

技術の進化は「使用者が簡単に扱うことができる」という変化もともなうものです。

昔苦労していた手技が今ではラクに確実に行えるようになっているケースも多いでしょう。

そして何より、かつて看護師として働いていた経験があるなら、はじめは戸惑っても、1、2ヶ月もすれば感覚を取り戻し、スムーズに業務ができるようになるでしょう。

子育てや家事と両立できるか?

こちらも、復職する看護師が抱える悩みの代表格ですね。

ただでさえ看護師の仕事はハードで、職場によっては時間も不規則で…と考えると、難しく感じるかもしれません。

しかし、逆転の発想で家庭との両立ができる職場を選ぶという考え方に切り替えてください。

探し方については後述しますが、「子育てがしやすい職場」を基準に探せば、必ず見つかります。

きちんとフォローしてくれる体制が整っているか?

看護師不足はいまだに深刻な問題です。

それを解決すべく、医療機関側としてはブランク明けの看護師に安心して復職してもらうため様々な取り組みを行っています。

手技や制度を学べる研修をはじめ、先輩看護師が指導してくれるプリセプター制度などが代表的なものです。

また、夜勤の時に一人にならないよう配慮されているなど、勤務体制がしっかり考慮されている病院が増えています。

ただし、すべての医療機関でこれらの体制が整っているわけではありません。

求職活動の際にフォロー体制について見極める必要があります。

以上、復職の不安解決について説明しましたが、いかがでしたか?

様々な不安があるのはもっともですが、「なんとかなる!」という気持ちで本格的に復職を考えてみては?

しかし、やみくもに仕事を探し、なんとなく復職したのでは絶対に失敗してしまうでしょう。

以下で挙げるポイントに注目してください。

2.ブランク看護師が復職先を選ぶ4つのポイント

ブランクのある看護師がスムーズな復職を実現させるには、4つのポイントを押さえる必要があります。

順に紹介していきます。

1.「ブランク看護師」を受け入れる職場を探す

まず大事なのは、「ブランクのある看護師を教育する体制」が整っている職場を探すことです。

なかには「新人に教える余裕はない!」というスタンスの職場もありますから、事前に研修の有無などを調べましょう。

受け入れ態勢がしっかりしている医療機関は、復職支援研修を行ったり、プリセプターがしっかり付いたりと手厚いフォローを行っています。

これらの体制が整っているか事前に調べることは、ブランク看護師がスムーズに復職するためにとても大事です。

また、そういう職場であればブランクから復職した先輩が多いはずです。

復職するときの不安をわかってくれるでしょうから、そういった意味でも心強いといえるでしょう。

2.子育てに理解がある職場か見極める

子育てをしながら働くというのは想像以上に大変なものです。

子供が急に熱を出したり、保育園や学校のイベントでどうしても休まなくてはならなかったり…。

そんな時、気軽に休みを取れる職場を選ぶのは重要なこと。

子育てに理解がない職場だと、休みを取るたびに周囲の目が厳しくなり、居心地が悪くなってすぐに辞めてしまった、という例もあります。

そうならないためのコツは「ママ看護師が多い職場」を選ぶこと。すでにそういった先輩がいるのなら、職員全体が子育ての大変さについて理解している可能性が高く、「子育て中の職員をフォローしよう!」というムードがすでにできあがっていることが多いのです。

3.ゆったりと働ける職場を選ぶ

研修などで手技を学べるとは言っても、やはりブランクを埋められるか不安がありますよね。

そういう方は、比較的看護技術を使わずにすむ職場に復職する、という選択肢もあります。

たとえば慢性期病棟や特別養護老人ホームなどです。

 

また、療養型病院と急性期病院があるケアミックスの病院もおすすめです。

 

ブランク明けは療養型で働き、慣れてきたら急性期に異動させてもらうこともできます。

 

また、元々「忙しく働きたくない」というスタンスを持っていたり、家庭の事情でバリバリ働くのが困難という方にとっても、こういった職場を選ぶことは意味のあることです。

4.看護師専門の求人サイトを利用する

ブランク明けで仕事を探すポイントを紹介してきましたが、実は、これらは簡単なことではありません。自分ひとりの力で職場を見極めるには限界があるのです。

そこで活用したいのが、看護師転職サイトに登録し、コンサルタントを味方につけること。

数えきれないほどのブランク看護師を復職へと導いた経験がありますから、ブランク看護師の不安もすべて理解しています。

 

じっくり相談にも乗ってくれますし、忙しいあなたに代わって要望通りの求人を紹介してくれるでしょう。

詳しくは「6.スムーズに復職するには転職コンサルタントを活用する!」で解説します。

3.離職中の経験だって活かせる

離職によるブランクは、看護師にとってデメリットでしかない、という考えを持つ方が多いと思います。

しかし、それは誤りです。

出産や育児で離職していた場合、それはかけがえのない経験となるのです。

 

妊娠時の苦労、それを経て出産した時の母としての喜び、そして子どもを思う母の気持ちなどを心から理解しているからです。

だからこそ、同じ境遇の患者さんの家族背景やこまやかな心の動きに気を配ることができるようになるのです。

それは新卒や若手の看護師では絶対に真似できない貴重な感覚ですし、看護師としてとても大きな武器であると言えます。

貴重な経験を積んだわけですから、それを生かし自信をもって現場に復帰してください。

4.ブランクがある看護師が復職するのにおすすめの働き方は?

育児をしながら仕事をしたいのであれば、様々な求人情報をチェックし、パート勤務か常勤かなど、どのような働き方をしたいのか見定める必要があります。

例えば、クリニックは総合病院とは違い、働いている他のスタッフも家庭を持っていることが多く家庭の事情で休むことにも理解を示してもらいやすいと言えます。

妊娠・出産を経験し、子供を育てている中で看護師への復職を考えている方は、看護師と育児の両立ができるのか転職先の実際の現場の雰囲気などの情報を得ることで復帰後の働きやすさに繋がることでしょう。

5.ブランク看護師が復職するには何を勉強するべき??

医療分野は日々技術が進んでいくものですから、それに従事する看護師も新しい知識や技術を取得するためには勉強が必要です。

また、以前は問題なく行えていた採血などの基本的な看護師としての仕事にもブランクがあることで不安に思うこともあるでしょう。

そんな時には、各自治体や病院で開催されている再就職を希望する看護師を対象にした、復職支援研修制度などが開催されていますので積極的に利用してみるのもおすすめです。

復職支援セミナーなどの使用して、ブランクがあることで失われた勘を取り戻し、現場から離れている間に進んでいった看護技術や知識について勉強しなおして看護師の仕事の自信を取り戻しましょう。

6.ブランクナースがスムーズに復職するには転職コンサルタントを活用する!

ブランクのある看護師がスムーズに復職するにはいくつかのポイントがある、と説明しました。

 

受け入れ態勢のある職場を探すこと、子育てに理解のある職場を探すこと、などですが、本当にそれらをクリアする職場を探すには看護師転職サイトのコンサルタントの力が不可欠です。

 

なぜなら、求人情報だけでそれらを見極めることは不可能だからです。

特に、子育てに理解があるかどうかは結局職場にいるスタッフの「人間性」によるところが大きいです。

それらは、その職場に足を運んでいる転職コンサルタントに聞くしかありません。

また、復職支援体制が整っていると言っても、テキストを渡されて終わり、というケースもあるかもしれません。

それらを考えると、やはり内情を把握しているコンサルタントの力は不可欠といえるでしょう。

7.ブランクがある方にオススメの看護師求人サイト

『看護のお仕事』では、教育制度も充実し、復職を目指す看護師にピッタリの求人をたくさん紹介しています。

『看護のお仕事』は対応が丁寧で、今後の働き方の相談もできるので、看護師求人サイトを利用するのが初めてという方でも安心です。

 

手技に不安がある看護師に関しては研修制度が充実している職場を紹介するなど、コンサルタントならではの手厚いカバーも魅力です。

あなたがもう一度、看護師として活躍するため、最高のサポートをしてくれるでしょう。

取扱い求人数10万件以上の『看護のお仕事』

看護のお仕事

希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれるサポート力と我慢強い交渉力が魅力です。託児所がある求人や勤務時間や夜勤回数を相談したいという希望にも丁寧に対応してくれます。

今後の働き方やステップアップしていく方法など何でも相談にも乗ってくれます。ブランクが長く復職が不安な方や転職サイトの利用が初めての方におすすめです。

 

事前に転職先の詳しい情報も教えてくれるので安心です。

転職が成功すれば転職支援金最大12万円が支給されます。